So-net無料ブログ作成

感動、マッドレスパッドとベッドマットでは大違い!! [ビューティ]

エアウィーヴは厚さが命!!

シモンズのコーナーでベッドにゴロゴロさせてもらい寝心地を確認していから、次にエアウィーヴのコーナーに向かいます。同じフロアにあるので、外商さんとベッドマットレストークで盛り上がりました。結構外商さんのお客さんでもベッドマットレスを含む寝具は安定的に売れるらしく、日常生活の品質を高めるためにも結構寝具に拘って買う方が多いそうです。

エアウィーヴのコーナーで大体の予算と現在使っているバッドレスパッドが凹んでしまったことをお伝えし、腰痛持ちなので腰を支えるS-Lineに興味があることを伝えると、スリープアドバイザーの方が幾つか選んで試させてくださいました。選んでくださったのは以下の3種類。


エアウィーヴを既に3年使っているとさすがにこの寝心地に慣れているのでしっくりきます(笑)。色々なお話を聞いて自分なりに分析すると、エアウィーヴは機能の心臓部であるエアファイバーの厚さが全て。ということはマットレスパッドよりもベッドマットレスの方が断然効果を感じることが出来ます。実際ベッドマットレス02に寝かせてもらうとマットレスパッドとは違い明らかに体が軽く感じます。高反発なので身体を包む感じはないのですが、寝返りもしやすいですし体をしっかり支えられているのが良い感じです。一方で腰の部分を補強し硬い造りになっているS-LINEとエアウィーヴは正直そんなに硬さの違いが分からなかったです。でも自分で手で押してみるとエアファイバーの固さの違いは感じるのですが、手で押す力と体の重さではかなり違いがあるんですね。

エアウィーブは最近色々な場所に導入されており、ホテルやJALのファーストクラスにも導入されています。カタログによると奈良ホテルや富士屋ホテルに導入されているそうです。奈良ホテルに去年宿泊した時の写真を探したのですが、ベッドの写真がないので正面玄関の写真です。ごめんなさい。

Airweave_奈良ホテル.JPG
富士屋ホテルも奈良ホテルも大改修中です。バリアフリー化希望!

私がゴロゴロしていると外商さんがどうやらエアウィーヴでも隠し玉を持っていて、素敵な商品のご提案をしてくれました。むむ、なかなか良いディールですが、期間限定ということで少し時間を貰って検討することにしました。今のことろ予算と寝心地から考えるとエアウィーヴに軍配があがりそうな感じですが、どちらを購入するかは後日blogでご報告いたします!

余談ですが、ベッドはシモンズはシーリーだけが有名ではなく、日本企業も頑張っています。大阪のリッツカールトンのエグゼクティヴスイートには日本ベッドのベッドが導入されています。このベッドは布団で寝るという習慣からか硬いベッドを好む日本人に合わせて、他国のリッツカールトンよりも少し硬めの寝心地になっているそうです。

日本ベッド_リッツカールトン大阪.JPG
豪華なベッドで爆睡しました

広いベッドでも貧乏性で寝ている内に端っこに寄って行ってしまうんですよね。まぁ、サイドテーブルの上に置いた物をとろうとすると、さすがにこのサイズは厳しい(苦笑)。後日どんなベッドを買ったかは改めてblogでご紹介しますのでお楽しみに!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。